New Entries
Category
Profile
Links
Special Links
LC BLOG PARTS
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
blogランキング
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ニキビ ニキビと化粧品のお話

こんにちは。美綺麗です

悩める30代の肌

30代の悩める女性より相談されたので紹介するね。

美綺麗も普段から研究と方法を考えているけど、適切な判断はできないので、やっぱり皮膚科の先生に診てもらうのが一番だと思うよ って最後は言いました。

それでも、聞いて見たいって言った内容をここに紹介します


ニキビの話

いわゆるニキビといわれるものは、皮膚科でいうと「ざ瘡」といいます。

おおきな脂腺をもつ軟毛(脂線性毛包)の慢性炎症性病変を指します

脂線性毛包は、顔面、前胸部、背部に発達しているため、これらの部位に毛穴と一致してあるのが特徴です。
脂腺は皮膚を覆う脂(皮脂)を作り、毛穴から皮膚表面へ分泌するんですが、皮脂が多すぎると毛穴付近を閉塞してしまい、 結果袋状になった脂腺・毛穴の中に皮脂や角質が貯留する。このような構造を「面皰」といい「ざ瘡」の基本病変であります

にきびはこの面ほうに炎症性の変化が起きると紅班を伴った丘疹、膿疱となります

この炎症性変化が起きないようにコントロールすれば、後が残るような瘢痕は防ぐことができます

どうしても、女性の場合傷跡を隠そうと化粧品で隠すのであるが、この化粧品がニキビの原因であることもあります
化粧品に硫黄が含んでいるものを選ばないようにし、保湿成分が多いものを選ぶことも大切であると思います。

日頃から洗顔と保湿には気を使い、ケアすることが大事だと思います。

意外に自分の化粧品のことを深く考えていない30代がおられます。肌に合わない商品が多い、自分は敏感肌だから・・・でもお金がないので安いものでいい。

結局・・・肌のことを考えてるとどうしても掛かる化粧品って限られてくるんです。とくに敏感肌の方は掛けるひつような部分には掛けてほしいです。皮膚科の薬で補うよりも、日頃のケアが一番大事です、そして悪くなる前に処置したほうが、いいんです。

にきびと侮っていては、治らない慢性的な状況にまでなることがありますよ。最終的にはレーザ治療といった形成外科にお世話になる事も出てきます。最終的に考えると日頃の商品をケチったためかなって思ったりしますね

思春期のころとは少し、違うことを認識してみてくださいね。


ではちゃお。


【ここのも注目】

関連記事を最近書きました・・・「大人のニキビ」

posted by: b-cute | ニキビ | 04:02 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:02 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://b-cute.jugem.jp/trackback/83
トラックバック